求められる現場監督とは|高収入を期待できる工場の求人探し|条件をしっかりと確認する
複数の人

高収入を期待できる工場の求人探し|条件をしっかりと確認する

このエントリーをはてなブックマークに追加

求められる現場監督とは

ウーマン

現場監督は、職人に重要な部分をポイントごとに伝え建築物が完成するまでの間、安全管理や品質管理、工程管理といった現場管理の仕事を行うことがメインになります。 採用される人材としては人当たりがよく、体力や精神力ともに強く交流を持つことが好きな人材が好まれます。責任能力を持つことも重要でありますが、それ以上に安全に対する配慮ができる人材が求められます。 また、施工管理は原価管理なども含まれているので、見積などもふくめて多種多様な仕事があります。建築の仕事で基礎となるのが墨出しですが、図面そのものを現場に行く前に頭に入れておく必要があるので施工管理の仕事は全般的な仕事を覚える必要があります。 採用される人材としては責任能力が交流が得意な人ほど向いていると言えます。

施工管理は重要な部分は現場についていないといけませんが、現場だけが仕事ではないので図面の作成や書類の作成などと言った仕事もあり、納期までにすべての仕事をこなさなくてはいけません。 施工管理の採用では仕事上の接点やスカウトなどもまれにあります。面接で採用を勝ち取るのが一般的ですが、仕事に対する気持ちや考えを報告連絡相談など、発言や意見がしっかりできる人などは現場監督に向いていると言えます。 管理をするのが主な仕事になるので、図面の通りに仕上がっているかなどを踏まえ基本的な知識を身につけ現場に赴くのが当面の役割となります。 打ち合わせなどで殆ど終わってしますこともありますが、現場が最優先になるので仕事を覚え動けるようになると、時間の配分も自由にできるようになるのでメリットも多くあります。